« 桜と菜の花と青空 | トップページ | お肉屋さんのコロッケ »

2006年4月 6日 (木)

スーツのボタンの掛け方

今日桜を見に行った帰りに、新社会人と思われるスーツ姿の5人組が電車に乗ってきたのですが、初々しいと言うよりは、どこか変な感じ。・・・なんとなく窮屈そう。
何でだろうと思ってよく見たら、スーツの三つボタンを全部掛けているんです。まあ新社会人だからとは思ったけど、5人が5人全員、全部ボタンを掛けていたのでちょっとびっくり。
みんな気づいてないのかな?それとも誰かにこうしろと言われたのかな?
気になったついでに正しいボタンの掛け方の記事を探してみました。
それによると、

  • 一番下のボタンは掛けない。つまり2つボタンなら上の一つだけ、3つボタンなら上と真ん中の2つを掛けます。
  • 3つボタンでリラックスしたい時は真ん中の1つだけでも良い。
  • 3つボタンで段がえりタイプは真ん中一つだけ掛ける。(段がえり:3つボタンだけど2つボタンのように襟が長いデザインなので、一番上のボタンは襟の裏になってしまってボタンを掛けられないタイプ)
  • 座る時はボタンを外してもよい。(ただ面接ではラフな印象を与えるかも)
  • 5つボタンや6つボタンも同じく一番下は掛けない。

段がえりのスーツの場合は三つボタンの一番上も留めないんですね。ちょっと勉強になりました。

|

« 桜と菜の花と青空 | トップページ | お肉屋さんのコロッケ »

ひとりごと・日記」カテゴリの記事

なんか気になる変なモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーツのボタンの掛け方:

« 桜と菜の花と青空 | トップページ | お肉屋さんのコロッケ »