« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月28日 (日)

東高円寺「美々家」でじゃじゃ麺

Img_4704Img_4715ネット検索したら、東京メトロの東高円寺駅近くの東京都杉並区和田3-61-6にじゃじゃ麺を食べられるお店があるとのブログの記事を見つけたので行って見ました。(お昼に横浜のまるじゃで盛岡じゃじゃ麺を食べたので、2食連続。)
先ほどのブログの記事によると以前は「麺類専門店酒家・麺家○九」という店名だったようです。
で、じゃじゃ麺ですが、お味噌は中華料理店のジャージャー麺風の甘辛味噌で、チータンタンも鶏がらスープということで、盛岡じゃじゃ麺とはちょっと違いますが、美味しかったです。
ホームページに詳しく載せましたので、そちらもご覧ください。

美々家のじゃじゃ麺を紹介しているブログの記事
Yudai写真館じゃじゃ麺のページ美々家の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜の盛岡じゃじゃ麺店「まるじゃ」に行ってきました。

Img_46801Img_4687ちょっと前にブログに書いた横浜市瀬谷区二ツ橋町の盛岡じゃじゃ麺のお店「まるじゃ」に行ってきました。
電車だと相鉄線の三ツ境駅から15分くらい歩いくのですが、駐車場があるので車の方が便利かも。
味は、味噌の黒ゴマが控えめでクセのない感じですが、麺は平たいうどんでまさしく盛岡じゃじゃ麺でした。美味しかったです。
ということで、ホームページ食べに行った様子を載せましたのでそちらもご覧くださいませ。

Yudai写真館盛岡じゃじゃ麺のページ「まるじゃ」の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

横浜の盛岡じゃじゃ麺店「まるじゃ」

ネット検索してたら、横浜市瀬谷区二ツ橋町11-3に「まるじゃ」という盛岡じゃじゃ麺店があるようです。
とりあえずお店を紹介した記事のリンクを載せておきます。
そのうち食べに行ってみようっと。

tabelog.comのレストラン紹介:地図があります。)
まるじゃを詳しく紹介したブログの記事
Yudai写真館の盛岡じゃじゃ麺のページ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

笑う犬?

Index_1Yudai写真館の過去のTOP写真から。
三軒茶屋のじゃじゃおいけんで盛岡じゃじゃ麺を食べた帰りにスーパーで見かけた犬。お買い物中のご主人を待っている所だと思いますが、すごくいい笑顔だったので写真を撮ってみました。この笑顔にカメラ目線、この犬只者ではないですね。
(CANON IXY DIGITAL 60で撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

メモリープレーヤー買っちゃいました~Rio Unite 130~

Img_4646Img_4645いままでPDA(HPのPocketPC hx4700)で音楽を聴いてたんですけど、音楽を聴くためだけにシステム手帳サイズの重たいPDAを持ち歩くのも大変なので、iPodでも買おうかとソフマップに行ってみました。
iPod以外にもSONYとか色々なメーカーの機種がたくさんあったんですけど、思ってたよりも高くてどうしようかなと思ってたら、隣の中古コーナーに「Rio Unite 130」が。容量が1GBがあるのに他のメーカーより2割くらい安い!!これは掘り出し物かな?と思って早速買ってしまいました。
・・・がしかし、後で家に帰って調べたらメーカーが2005年9月をもってRio事業から撤退してた事が判明。だから安かったんですね。
壊れたらサポートとか大丈夫かなと思って調べたら、ちゃんとメーカーのホームページもあるし、サポートは継続するとの事。製品を売り終わった後も責任もってサポートを続けてくれるのはうれしいですね。
肝心の「Rio Unite 130」の方ですが、小さいのに27時間再生で、USB端子内蔵(写真右参照)なのでケーブルなしでデータ転送できるし、USBから充電も出来るので便利です。
音質もイコライザやSRS WOWエフェクトで色々調整できます。
画面も有機ELディスプレイが鮮やかで綺麗。スクリーンセーバーの花火が結構気に入ってます。
とにかく小さくて、使い勝手がよくて、中古で安かったし、・・・結果的にはやっぱり掘り出し物だったかも?

Rio Unite 130のページ:サポートページでファームウェアのバージョンアップも出来ます)
Rio Unite 130のブログ記事を集めたページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

仙台の盛岡じゃじゃ麺店の食べ歩き

以前の記事の通り、ネットで検索してたら仙台で盛岡じゃじゃ麺のお店が増えているようなので、仙台に食べに行ってみました。
別に時間が無かった訳ではないのですが、日帰りで1日に3軒の食べ歩き。ちょっと無謀だったかも。

じゃじゃや柏木店
最初に行ったのは、「じゃじゃや柏木店」。以前から仙台駅東口にある「じゃじゃや」の支店だそうです。本店と同じで3種類の味噌をミックスできるので、色々な味を楽しるので結構好きです。ここでは黒辛(黒味噌+辛味噌)を頼んでみました。
(ちーたんたん)
次に、昨年秋にオープンしたと言う「ちーたんたん」。ところがお店が閉まっていて、入口には6月に別の店としてオープンするとの張り紙が・・・。閉店してしまったのでしょうか?残念です。
びーわん
という事で、長町の老舗「びーわん」に行ってみることに。久々に食べましたが、以前より味噌がマイルドになってゴマの風味が強くなったような気がしましたが、美味しかったです。
じゃじゃや本店
街をブラブラした後、夕食で「じゃじゃや本店」に。こちらも久しぶりに食べに行きましたが、相変わらず店主さんのおしゃべりが楽しくていいですね。こちらでは黒茶(黒味噌+茶味噌)のミックスを食べました。

Img_4616Img_4597_1
写真左:じゃじゃや柏木店
写真右:びーわん

さすがに1日3食はちょっときつかったです。量ではなくて、臭いが。
ニンニクをたくさん食べてしまったので、ブレスケア買っとこ。

ホームページのじゃじゃ麺情報を更新しましたので、こちらもご覧くださいませ。
Yudai写真館のじゃじゃのコーナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

仙台の盛岡じゃじゃ麺店(2)「じゃじゃや」

仙台の盛岡じゃじゃ麺店のはなし、その2
ネットで検索したら、仙台駅東口の盛岡じゃじゃ麺のお店「じゃじゃや」に支店が出来たようです。
場所は仙台市青葉区柏木、大学病院の近くだそうです。
とりあえず、お店を紹介した記事や関連のリンクを載せておきます。

(2007/03/05追加)
仙台駅東口の本店は道路拡張工事に伴い、2006年11月で閉店したそうです。

お店を紹介しているブログの記事、地図もあります
お店を紹介しているブログの記事
Yudai写真館の盛岡じゃじゃ麺のページ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仙台の盛岡じゃじゃ麺店(1)「ちーたんたん」

(5/14追記)閉店
仙台に行って確認した所、お店が閉まっていました。入口には6月から別の店として開店するとの張り紙が。どうも閉店してしまったようです。

--------(以下原文)---------
仙台の盛岡じゃじゃ麺店のはなし、その1。
ネット検索してたら、仙台で盛岡じゃじゃ麺のお店が増えているようです。
お店の名前は、「じゃじゃ麺専門店 ちーたんたん」。2005年11月3日に仙台市青葉区大町の広瀬通沿いに開店したとの事。
とりあえず、お店を紹介した記事や関連のリンクを載せておきます。

仙台タウンスポットのお店紹介
お店を紹介しているブログの記事
Yudai写真館の盛岡じゃじゃ麺のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

路地裏の猫

Img_26742_1私の住んでる所は本当に猫の多い所で、至る所に猫がいます。
今回見つけたのは商店街の路地裏。2匹の猫が表通りをじっと眺めていたので撮ってみました。
模様が似てるから親子かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

戸隠そば食べ歩き(まとめ)

Img_4564_1Img_4321_4ゴールデンウィークに戸隠の野鳥を見に行ったついでに、戸隠そばの食べ歩きをして来ました。
戸隠そばの特徴はこの記事にあるように、水を切らずに水と一緒に蕎麦をすする、みずみずしさと蕎麦本来の甘さを実感できる蕎麦です。
どの店の蕎麦も美味しかったので、5日間で合計6店、10食のお蕎麦を食べましたが、全然飽きることがなく、もっと食べたい気分になるくらい美味しい蕎麦でした。
どの店も戸隠そばらしい、みずみずしくて上品な蕎麦で、とても美味しいかったです。
人それぞれ評価は違うと思いますが、田舎蕎麦のような力強い蕎麦で、醤油やダシがしっかり効いた関東風のつゆが好きな私の好みで言えば、
そば茶屋 極楽坊」が一番好きなお蕎麦屋さんです。あの蕎麦の香りと力強さ、ダシの効いたつゆが最高でした。また食べに行きたいです。
うずら家」は上品で爽やさを感じる蕎麦に、サクサクの天ぷら、そして笑顔の接客。色々なことに感心させらる美味しい蕎麦屋でした。さすが超有名店です。
山口屋」は、あのくるみ汁と大根で食べる「忍者そば」がとても印象的で美味しかったので、これもまた食べに行きたいお蕎麦屋さんですね。
よつかど」は湯捏ねの麺が最高。それに値段もリーズナブルでした。
そばの実」はとにかく上品。今度は普通の蕎麦を食べてみたいですね。
戸隠神告げ温泉」は湯上りに1杯飲みながら蕎麦を食べてみたいですね。
ということで、どれも美味しくいただきました。また戸隠にバードウォッチングと蕎麦を食べに行きたいですね。
(写真の左はそば茶屋 極楽坊、右はうずら家の蕎麦)

(戸隠観光協会のそばの店のページ:30件以上ある戸隠そば店の営業時間など)
(戸隠の野鳥:Yudai写真館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

戸隠そば食べ歩き(6)~そば茶屋 極楽坊~

Img_4473Img_4477最後の6軒目は「そば茶屋 極楽坊」。
こちらも地元の人に支持されているお店だそうです。場所が奥まった所にあって分かりにくいのですが、重厚で落ち着いた雰囲気の店でゆっくりと蕎麦を食べる事が出来ます。(店内の写真を載せた記事)
今回はお蕎麦の他に、ふきのとうとコゴミの天ぷらを追加しました。
ここのお蕎麦は極細のそばで、見た目は非常に上品。なのに食べた瞬間蕎麦の香りが広がるとても力強い蕎麦でした。さらに極細の麺は歯切れがよく、とても食感のよい、本当に美味しい蕎麦でした。
戸隠そばは上品な代わりに田舎蕎麦のような力強さは無いと思い込んでいましたが、ここの蕎麦は違いました。上品な中にも力強さがあるとても美味しいお蕎麦です。
それと、このお店ではワサビがついていません。あるのは戸隠ではどの店でも付いている辛味大根のおろしとネギだけです。
でもワサビを使わずに食べたところ、蕎麦の香りや甘みがよく分かるし、大根おろしと蕎麦はとても相性が良いということに気づきました。美味しいものはシンプルが一番、ということを実感させてくれる美味しい蕎麦でした。でも、これは水と蕎麦が美味しい蕎麦だからこそ出来ることなのかもしれませんね。
つゆも、ダシがしっかり効いてる私の好きなタイプで、蕎麦湯を入れるとダシの香りとうまみが広がって最高でした。もちろん蕎麦湯もエグみがまったく無く、蕎麦の甘みが感じられる、そのままでも美味しい蕎麦湯でした。
天ぷらも、ふきのとうやコゴミが山盛りで、こちらは天つゆではなく抹茶塩でいただきます。旬の味覚を堪能でき本当に満足しました。
蕎麦自体が本当に美味しく、今回食べた6軒の中では一番好きなお蕎麦屋さんです。気に入ってしまったので、2日連続で食べに行きました。
また、機会を作ってぜひ食べに行きたい、美味しいお蕎麦屋さんでした。

(そば茶屋 極楽坊を紹介している記事:地図や営業時間など)
(極楽坊を詳しく紹介している記事)
(極楽坊の店内の写真のある記事)
(戸隠観光協会のそばの店のページ:30件以上ある戸隠そば店の営業時間など)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 2日 (火)

戸隠そば食べ歩き(5)~よつかど~

Img_4228Img_42265軒目は「よつかど」。
実は1日2食のペースで蕎麦を食べてますが、それだけ食べても飽きない戸隠そばはすごいですね。
このお店は、戸隠そばの中でも庶民的で地元の人も良く行くお店だとか。この時も地元の人が5~6人でお酒を飲んでいました。
お蕎麦のほうはかなり細いですが、蕎麦の香りがしっかりして、コシがあって、しかも喉越しが良くて、本当に美味しかったです。
この記事によると、香りとコシを出すために熱湯で捏ねる「湯捏ね」で麺を打ち、打ちたてを2時間以内に提供する様にしているとか。どおりで麺のコシが違います。
ダシのしっかり効いた関東風のつゆが好きな私としては、麺つゆが少し物足りなかったですが、とにかく麺が最高に美味しい店でした。
他のお店と比べると値段もリーズナブルで、地元の人にも支持される理由がよく分かる美味しい蕎麦屋さんでした。

(よつかどの紹介ページ:戸隠観光協会)
(よつかどのこだわりを紹介しているページ)
(戸隠観光協会のそばの店のページ:30件以上ある戸隠そば店の営業時間など)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸隠そば食べ歩き(4)~そばの実~

Img_4147_1Img_4159_14軒目は、「そばの実」。これも「うずら家」と並んで人気の有名店のようです。
戸隠中社と戸隠森林植物園の中間の鏡池入口にお店があって、いつも込んでいたので行ってみることにしました。
食べたのは1日15食限定の「手臼粗挽き 霧下のそば切り」、戸隠産のそば粉だけを使用したお蕎麦だそうです。それとコゴミのおひたしも追加で頼みました。
このお蕎麦の特徴は、まず「塩」で食べる事。写真の中央にある小皿に赤みがかった粗塩(岩塩かな?)が入っていて、最初はそれを蕎麦に付けていただきます。塩で食べる事で蕎麦本来の香りや甘みをしっかりと感じることが出来ました。
やや細めの蕎麦は、とてもみずみずしくエグみのないもので、これでもかと言うくらい上品な蕎麦でした。とても美味しかったです。ただ、ちょっと上品で量が少なかったので、普通のそばも頼んで食べ比べてみればよかったかな。
とにかく上品さでは天下一品のお蕎麦でした。

(そばの実の霧下のそば切りを紹介している記事)
(戸隠そばについて詳しく紹介している記事:そば処ベスト5にそばの実がランクされてます。)
(戸隠観光協会のそばの店のページ:30件以上ある戸隠そば店の営業時間など)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

戸隠そば食べ歩き(3)~戸隠神告げ温泉~

Img_4143_13軒目は、戸隠の日帰り温泉施設「戸隠神告げ温泉・湯行館(ユニーク館)」の中にある食事処「安兵衛」。
日帰り温泉に入った後に「安兵衛そば」を食べてみました。
ここの蕎麦は自家製粉をした蕎麦粉を使っていて、これまで食べた戸隠そばより、ちょっと黒くて太めの蕎麦です。その分蕎麦の香りや、コシがしっかりしていて、田舎蕎麦のようなしっかりしたそばが好きな人にはいいと思います。添えられた山菜や天ぷらも季節感があって、これも美味しかったです。
なお、温泉の方は露天風呂はありませんが、大きなガラス張りになっていて非常に開放感がある気持ちの良いお風呂でした。泉質は弱アルカリ性の単純泉だそうです。
今回は車の運転があるので出来ませんでしたが、温泉に入った後、湯上りにお蕎麦とお酒なんて最高ですね。温泉とお蕎麦が楽しめるちょっとお得な場所でした。

(戸隠神告げ温泉・湯行館(ユニーク館)のホームページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸隠そば食べ歩き(2)~うずら家~

Img_4036Img_43212軒目は、「うずら家」。ネットで調べてみると、誰もが美味しいと紹介している超有名店のようです。
お昼時には1時間以上も待つことがあるとの事だったので、開店時間の10:30より前に行ってみることにしました。
・・・が、既にお店の前は開店を待つ人で一杯(写真左)。何とか1順目で座ることが出来ましたが、本当にすごい人気ですね。
で、ここのお蕎麦ですが、噂どおりとても美味しかったです。コシが強いのにとても上品で、なんといっても蕎麦の清涼感がすごい。蕎麦を食べると口いっぱいにみずみずしさと清涼感が広がり、とても爽やかな気分になるんです。
戸隠そばは水切りをせず水と一緒にすするのが特徴ですが、蕎麦粉や水がいいと、こういう爽やかな蕎麦が出来るんですね。
つゆもダシがしっかり効いていて、蕎麦湯を入れるとふわっとダシの香りが広がります。しかも、この蕎麦湯も甘みがあって爽やかで、みんなが一番美味しいと紹介する理由が良く分かりました。
また、一緒に頼んだ山菜の天ぷらも噂どおりサクサクして美味しかったです。ふきのとう、たらの芽、山ウド、コゴミ、コシアブラが山盛りになっていて、旬の山菜を満喫することが出来ました。
それと、この記事の方もふれていますが、接客が非常に素晴らしいです。店主をはじめ店員の方々が笑顔で丁寧に接してくれるので本当に気持ちが良かったです。美味しい蕎麦がさらに美味しくなりました。
蕎麦、つゆ、天ぷら、接客、とにかく全てに感心してしまう、とても上品なお蕎麦屋さんでした。(実は美味しかったので、後日も2回食べに行ってしまいました。)

(うずら家のホームページ)
(うずら家を詳しく紹介している記事1:ネットでこの方の記事を見つけて食べに行くことにしました。)
(うずら家を詳しく紹介している記事2
(戸隠観光協会のそばの店のページ:30件以上ある戸隠そば店の営業時間など)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »