« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

桜木町ストリートアート

Img_5299Img_5287久しぶりに横浜・桜木町のストリートアートを見に行ってきました。
平成16年に廃止された東急東横線の高島町~桜木町間の高架下は、昔からストリートアートがいっぱい描かれていましたが、平成17年に横浜市が「Art-16プロジェクト」として美術系の学生などにウォールアートを描いてもらったそうです。おかげで、明るくて楽しいストリートアートがたくさん増えました。
以前は、単なる落書きも多かったので、今後もこの取り組みが続くといいですね。

ということで、Yudai写真館に色々写真を載せましたので、ぜひご覧ください。

(Yudai写真館の桜木町ストリートアート:第3弾第2弾第1弾
(Art-16に関する横浜市のページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

んっ!

Index_5Yudai写真館の過去のTOP写真から。
いつもの近所の猫シリーズ。
塀に登って後ろを振り返ったら、私と目が合ってしまって、ビックリしている所。後ろ足に力が入ったままの変なカッコで、5秒ぐらい固まってました。
(CANON IXY DIGITAL 60で撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

五百羅漢~私の好きな盛岡~

(最近、新しいネタがないので、過去に撮った写真を引っ張り出してみました)
Dsc00001_1Dsc00006_1盛岡の観光地と言うと、盛岡城跡の岩手公園とか、盛岡地方裁判所前の石割桜とか、色々あるんですが、私が一番好きな場所が、報恩寺の五百羅漢です。なぜ好きかと言うとボーっとできるから。
だいぶ前、初めてここに来た時の事。朝早く行ったせいか、五百羅漢のある座禅堂には私一人。中に入った瞬間は、ヒンヤリして暗くて、何だか良く分からないのですが、だんだん目が慣れてくると、堂内一杯に置かれた羅漢様一人ひとりの表情が浮かび上がってきます。
その表情の豊かなこと。
私はいままでこんな個性的で愉しそうな表情をした羅漢様を見たことがありません。
Dsc00007Dsc00011笑っていたり、楽しそうに話していたり、居眠りしていたり、時には酒を飲んでいたり。
薄暗いお堂の中で、ボーっとして、羅漢様一人ひとりの表情をゆっくり眺めていると、なんかほっとして、とても気分が落ち着いてきます。
それから何回か、この五百羅漢に行ったことがありますが、いつも行くのは朝一番。薄暗いお堂の中で大勢の羅漢様と愉しくボーっとしています。

(おまけ)
Dsc00014_1この五百羅漢には本当に色々な羅漢様がいるのですが、この写真の羅漢様は誰だか分かりますか?
何かちょっと変わった服を着ています。
・・・実はこれ、左がマルコポーロ。右がフビライだそうです。
五百羅漢には必ず自分に似ているのがあると言いいますが、こんな面白い羅漢様に会えるのも報恩寺・五百羅漢の楽しみの一つ。
早朝の五百羅漢。いいですよ。

報恩寺・五百羅漢:盛岡市観光課のページ)
※この記事の写真は1999年3月に撮影したものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

キューブで東北旅行(3)定義山

Img_5243Img_5251キューブで東北ドライブ。3日目は仙台の定義山。
全国的にはあまり有名ではありませんが、仙台では結構有名な観光地です。仙台の中心部から車で1時間。
正式には「定義如来 西方寺」と言うらしいです。六角形のお堂が特徴的です。
ここのお寺は、写真のように歴史を感じる境内がある一方で、とても現代的な工夫をしていています。「玉手箱」という展示館?では、定義如来の由来や地元の民俗資料をビジュアルに工夫を凝らして、遊び感覚で楽しく学べるようになっています。入場無料で子供でも楽しめると思いますので、ぜひ行ってみてください。

Img_5237Img_5238(おまけ)
おまけと言いつつ、こっちが本命だったりして。
定義で有名なのがこの「定義とうふ店」の「三角あぶらげ」。この油揚げがとても美味しいんです。
大きくて、分厚くて、一見生揚げみたいですが、ちゃんと油揚げです。周りがサクサクで中身がフワッとしてて、これに醤油と七味唐辛子を掛けて食べると最高です。(車じゃなきゃ絶対ビール飲みたい!!)
後ろに写ってるペットボトルは豆乳。他にも味噌田楽や豆腐も売ってて、どれも美味しいです。
お土産に買っておけばよかった。

定義如来 西方寺のページ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

キューブで東北旅行(2)不老ふ死温泉

Img_5227_1Img_5228_1(車の後ろに見えるのが不老ふ死温泉の露天風呂)
3連休に、マイカーのキューブで東北ドライブ。
2日目は、青森県西津軽郡深浦町にある、不老ふ死温泉(黄金崎不老不死温泉)に行ってきました。
いまさら紹介するまでもない超有名な温泉です。
何がって?
日本海を180度見渡せる海の中に露天風呂があるんです。これがとっても気持ちがいい。見渡す限りの日本海を見ながら、のんびり温泉入る。本当最高です。
学生の時、バードウォッチングでアカショウビンを見に毎年のように十二湖に来てましたが、その時からのお気に入りの温泉です。
ただ欠点は、見晴らしがいいということは、周りからも丸見えだということ。右半分の女性用には壁がありますが、左の混浴は低い岩だけ。高台のホテルからも丸見えで、かなり恥ずかしい。

Img_5233(おまけ)
不老ふ死温泉から南下して能代に向かう途中の秋田県山本郡八峰町八森にあるドライブイン、「鹿ノ浦矢作食堂」の「ごまソフトクリーム」。
これ、私大好きです。ここに来ると必ずといっていいほど食べてます。
ここの「ごまソフト」はとにかく黒ゴマの風味がしっかりしてて、濃厚で美味しいです。今まで食べたごまソフトの中では一番だと思います。行ったらぜひ食べてみてください。

(不老ふ死温泉のページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

キューブで東北旅行(1)弘前

Img_5200海の日を含めた三連休。東北をドライブすることにしました。せっかくなので、最近買ったばかりのマイカー、日産キューブで行ってみることにしました。
最初の目的地は弘前。
街中いたるところに立派な建物があって、歴史や文化を感じることができるので、結構好きな街です。
最近駅が新しくなったようで、それに合わせて駅前から立派な遊歩道が整備されていました。写真のりんごはその遊歩道にあったもの。こんな感じで色々なオブジェが点在しているので結構面白いです。

Img_52021Img_5220Img_5222そして、弘前の夜景。歴史を感じる建物がたくさんあって、ライトアップもされているのでとても趣があります。天気が悪かったのが残念ですが、夕食前の夜景散歩、とても良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

盛岡デー・イン・東京(2)南部せんべい&アイス?

Img_51401Img_51381盛岡デー・イン・東京の話その2。
サティ板橋店で盛岡デーをやっていたので、催事場の特産品を見てたら写真のようなものを見つけました。
これ何に見えます?・・・そう盛岡(というか岩手)の名物「南部せんべい」です。でも、右の写真を見ると何か挟んであります。
・・・実はこれ、アイスクリームなんです。その名も「なんぶジェラード」。
お店の人の話だと[盛岡手作り村」で考案されたんだそうです。(盛岡タイムスの記事によるとマルシェと言うお店らしい)
味もパンナ(ミルク)、イチゴ、抹茶、黒豆の4種類。さっそく黒豆味を買ってみました。南部せんべいは普通のより薄いものを使っています。
味は、アイスモナカと同じようなものかな?と思って食べたら、意外や意外。南部せんべいのパリパリと黒ゴマの香ばしさに加えて、せんべいの塩味がいいアクセントになってます。
アイスの甘さとせんべいの塩味。クセになりそうです。
ただ欠点が一つ。おせんべが硬いので、食べるとアイスが押されてはみ出てきます。美味しいけどちょっと食べづらい。

盛岡手作り村のページ)
(なんぶジェラードを紹介した記事:盛岡タイムス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡デー・イン・東京(1)さんさ踊り

Img_5154Img_5158土曜日に三軒茶屋の「じゃじゃおいけん」さんにいったら、「盛岡デー・イン・東京」なるイベントを7/9までやっていると教わりました。新宿を中心に都内の各地で特産品の販売やさんさ踊りの紹介、石川啄木に関する演劇などを行うとの事。新宿のメイン会場は既に終わってしまっていたのでがっかりしていたら、今日たまたま行ったサティ板橋店で盛岡デーやってました。
ということで、盛岡のさんさ踊りを見てきました。踊っているのは「ミスさんさ踊り」の方です。
実は私、盛岡に住んでたけど、さんさ踊り見た事ないんです。いつも夏休みで実家に帰ってしまうもんで。初めてみたけどいいですね。今度はちゃんと盛岡に見に行こうかな。(2006年は8/1~4日開催)
ちなみに、踊りの途中の掛け声、「さっこら~ ちょいわやっせ」の「さっこら」は、「幸呼来」と書くんだそうで、幸を呼ぶと言う意味だとか。「ちょいわやっせ」はただの掛け声で意味はないらしいです。

(さんさ踊りについていわての文化情報大辞典より)
(さんさ踊り実行委員会:盛岡商工会議所より)
(さんさ踊りリミックス:太鼓や笛の音量を自分で調節して聞くことができます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

高級車と猫

Img_5064最近あまりネタがないので、お蔵入りの写真を載せてみました。
近所の商店街の駐車場にいた猫。後ろにはとっても高そうなお車。
でもやっぱり猫に小判。猫とっては車なんかどうでもいいみたい。気になるのは目の前を通る人。
「エサくれないかな~。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

みそピー&食パン

Img_4668Img_4667「みそピー」とか「ピーナツ味噌」という名前のこの食べ物、皆さん知ってます?
ピーナツを炒って味噌と砂糖で絡めた、甘辛い食べ物です。落花生の名産地、千葉県では知らない人はいないポピュラーな食べ物らしいです。だいぶ前に銚子に遊びに行ったときに売っていたので懐かしくなって買ってみました。
・・・で、何で懐かしいかと言うと、小学校(埼玉県)の頃これが学校給食に頻繁に出されていたからです。(千葉県では当たり前らしいです)
炒ったカリカリのピーナツに味噌と砂糖を入れて練り上げてあるので、水飴のように粘りがあります。しかも、味噌と砂糖ですから、想像どおりのコッテリした甘辛味。
これを、何と食パンに塗って食べてたんです、うちの小学校では。
ピーナツと砂糖ですから、ピーナツジャムと思えば食えない事はないですが、味噌ですよ味噌。
・・・パンには合わないと思うんですが。
いやなら、単体で食べればいいじゃん、と思うかもしれないですが、みそピーが出る日はマーガリンが付かないんですよね。ということで、半強制的にみそピーをパンにつけて食べる事になります。
イチゴ大福もビックリのミスマッチ。
しっかし、学校給食って何でこういう不思議な組み合わせをするんでしょうね。小学校低学年の頃は、まだごはん食が始まってなかったので、毎日パンでした。なので、筑前煮+パンとか、酢豚+パンとか、とにかくミスマッチな組み合わせが平気で出てきました。
そんなミスマッチの代表が、みそピー&食パン。
さすがに今回はパンではなくて、ビールのおつまみとして頂きました。
(散々な事を書いてますが、結構味噌ピー好きです ^_^; )

Misopy_3
味噌ピー全国区化計画?

おまけ。
ある方のブログで、味噌ピーのバナーを見つけたので貼ってみました。ピーナツがかわいい。
それと、私が小学校の頃に学校給食で食べた「みそピー」のメーカーを見つけました。どうもこの会社が元祖なようです。ということで、色々リンク張っておきます。
(日出味噌醸造元の「みそピー」のページ)
(みそピー物語:同じく日出味噌醸造元からみそピーの歴史)
(味噌ピー知らんかね:上記のバナーを作った方の記事です)
(ピーナツ味噌の作り方)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »