« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月17日 (日)

復刻ラガー「明治」&「大正」

Img_6501岩手県紫波町産遠野産のホップのビールとか、世の中色々とその土地の特色を生かしたビールが出回っていますが、今度は時代を生かしたビールが出たんですね。その名も復刻ラガー「明治」と「大正」
キリンビールが創立100年を記念して、当時の味を再現したビールだそうです。
早速飲んでみましたが、「明治」のほうは麦芽とホップのみなので、苦味が効いていて、最後まで苦味がしっかり残る感じ。一方の「大正」は米が材料に加わり、コクがあってまろやかという感じ。
でも、明治はちょっと苦いし、大正は苦味が物足りない。結局今のビールが一番バランスが良くて美味しいと思ってしまいました。(ちなみに私はかなりの味オンチなので評価は信用しないでね(^_^;) )
でも地ビールでその土地柄を楽しむように、復刻ビールで時代を楽しむのもいいですね。

(復刻ラガー「明治」と「大正」:キリンビールのページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

「ぬ」???

Img_65212Img_65182天気が良かったので、ふらふらと西新井から北千住まで散歩してみました。場所はどこだか忘れたけど、その途中に立派な銭湯が。ホント立派な建物です。
当然昼間なので、まだ開店してませんが、その入口にヘンな看板が。
「ぬ」っ!!??一体何?
実はこれあることを意味しているのですが、皆さん解りました?
看板の下に答えが書いてあって、「ぬ」に「板」で、「ぬいた」。つまりお湯を「抜いた」ので営業終了という意味だそうです。
ちなみに営業中は「わ」の看板。「わ」に「板」で「わいた」。つまりお湯「沸いた」という意味。
「ぬに板」に「わに板」、さすが下町の立派な銭湯は、しゃれも立派ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

大宮銀座イルミネーション

Img_64171最近あちこちでクリスマスイルミネーションが盛んですね。大宮駅東口の大宮銀座通り商店街でも12月1日からイルミネーションが始まりました。
左の写真は、商店街の終点にあるイルミネーション。もともと陸橋の壁面に太陽の絵が描いてあって、それに合わせた装飾になっています。
大宮の東口って、昔からずっと変わってなくて、アーケードも大雨の日には雨漏りするし、ちょっと古臭いイメージがあったんですが、最近変わってきましたね。

(ザ・しょうてんin大宮:大宮駅東口北部地区商店街サミット)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »