« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月25日 (日)

お江戸の猫さん?~古地図で江戸散歩~

Img_7977 Img_79861 Img_80201 最近、江戸時代に作られた古地図に載っている道をたどりながら現代の東京を歩くのが流行っているようなので、ブームに乗って散歩してみました。

で、今回の写真は散歩の途中で見つけた猫さんの写真です。

ちなみに今回土日に歩いてみたのは、浅草隅田公園の水戸藩下屋敷跡から深川、八丁堀、佃島、築地本願寺、泉岳寺、品川宿までのルート。
こうやって自分の足で歩いてみると、江戸の街の大きさが実感できたり、現在の首都高や広い道路は江戸時代の川や堀を埋め立てた事が判ったり、江戸時代の神社やお寺が今でも同じ場所に残っていたりと、いろいろな発見があって本当に楽しいですね。

Img_8027 Img_8029 ついでに、佃島では江戸時代から続く老舗の佃煮屋さん「天安」で、本場の佃煮を買ってお昼のおかずにしてみたりと、江戸三昧を楽しませていただきました。

古地図で巡るお江戸東京の散歩は、始めたばかり。
まだまだ色々なコースを楽しめそうです。

天安本店(てんやす):佃島の佃煮屋さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

猫パンチ!!

Img_61882 Img_61862 鹿児島の出水に鶴を見に行った時に見かけた猫。

この2匹、とっても仲がよくて、大きい方のキジトラ白のネコさんが、小さいほうの黒猫をいつもあやしてました。もしかしたら親子かな?

で、この日はボクシングごっこ?をしていたのか、2匹でじゃれあっているうちに、ついに黒猫のパンチが顔面にヒット!!

あまりの黒猫のやんちゃぶりに、さすがのキジトラ白猫さんもちょっとびっくりしていたようです。

出水の鶴2009Yudai写真館

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

初じゃじゃ麺@じゃじゃおいけん&安納芋の焼き芋

Img_7631 Img_7633 初日の出、初詣、初夢…。
年始めは色々と初物づくしが続きますが、今日の初物は盛岡じゃじゃ麺と焼き芋。
という事で、今年の初じゃじゃ麺は私の一番好きな三軒茶屋の「じゃじゃおいけん」さんに行ってきました。
つるつるのコシのある麺に、旨味たっぷりのじゃじゃ味噌、そして締めはチータンタン。もう最高ですね。今年もたくさん食べに行きたいです。

それから、もう一つは安納芋の焼き芋。
Img_7640 Img_7639 これは、三軒茶屋駅から「じゃじゃおいけん」さん行く途中の氷屋さんで冬場になると売っているものなんですが、ここの焼き芋が本当に甘くておいしいんです。
中でも、鹿児島県種子島の安納地区が原産の安納芋は「蜜芋」と言われるくらいで、写真のように蜜があふれ出していて、もうお菓子や干し芋のように甘いんです。
普通の芋より随分高いけど、美味しいですよ。

(じゃじゃおいけんさんの紹介Yudai写真館)
(じゃじゃおいけん:公式ホームページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

今年も出水にツルを見に行ってきました

Img_7047 Img_6618 今年も鹿児島県の出水にツルを見に行ってきました。

今年の出水はソデグロヅルの幼鳥が飛来したほか、ソデグロヅルの成鳥にヘラサギ、クロツラヘラサギ、サカツラガンなど、珍しい鳥を一杯見ることが出来ました。

ソデグロヅルの幼鳥が出水に飛来したのはなんと48年ぶり、しかもソデグロヅルが成鳥も含めて2羽も飛来したのは記録が残る1927年以降、初めてのことだそうです。

ソデグロヅルが2羽も飛来したことはすごいですが、1927年(昭和2年)からツルの飛来数を記録しているなんて、さすがは出水ですね。

Yudai写真館のホームページの出水の鶴2009にその他の写真をたくさん載せましたので、ぜひご覧ください。

出水の鶴2009Yudai写真館

| | コメント (2) | トラックバック (0)

兄弟?親子?夫婦?

090102_2 Yudai写真館の過去の表紙写真から。

旅先で見かけた、2匹の犬。
2匹の動作が、ぴったり一緒だったのが面白くて、写真を撮ってみました。
ここまで、息が合ってるなんて、双子の兄弟(姉妹?)なのかな。それとも親子?
でも、よく見ると、違う種類の犬同士にも見えるし。そうだとすると、夫婦?
いずれにしても、仲がよさそうでいいですね。
(左に映っている謎のアザラシ?オットセイ?は、昔デパートの屋上によくあった、お金を入れるとグォングォン動くやつです。面白いので犬と一緒に撮ってみました。)

Yudai写真館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »