« 今年も満開!!河津桜2009 | トップページ | 牛ネコ? »

2009年2月22日 (日)

新宿や池袋に富士山が!?~江戸の古地図で東京散歩~

最近週末の恒例行事になっている、江戸時代の古地図をたどりながら現代の東京を歩く旅。

今週末は、千住宿(現北千住)から日暮里・谷中墓地・染井村(現駒込)・板橋宿。そして池袋、雑司ヶ谷の鬼子母神、早稲田、新宿へと歩いてみました。

Img_8856 Img_8920 Img_8986 こうやって、自分の足で歩いてみると、江戸時代のものが今でもあちこちに残っていることにびっくりするのですが、今回はなんと富士山。
とはいっても、本当の山があるわけではなくて、「富士塚」と言って富士山を模して人工的に作られた山や塚です。

写真は、
1つ目が文京区本駒込にある、駒込富士。
2つ目が豊島区池袋本町にある、池袋富士。
3つ目が新宿区新宿にある、東大久保富士。
なのですが、どれも溶岩を積み上げてあって、さらには3合目とか、6合目とか書かれた石もあったりして、本当に富士山のミニチュアと言った感じです。

でも、この溶岩、何処から持ってきたんだろう?
と不思議に思って調べてみたら、なんと本物の富士山の溶岩を積み上げたらしいのです。

富士講という富士信仰のためとは言え、はるばる富士山から江戸まで溶岩を運んでくるなんて(しかも多分人力で)本当に恐れ入ります。

この富士塚、都内だけでも100箇所以上あるらしいので、これからも色々な富士塚を見ることができそうです。

(今回訪ねた富士塚)
1.駒込富士(富士神社)文京区本駒込5-7-20
2.池袋富士(氷川神社)豊島区池袋本町3-14-1
3.東大久保富士(西向天神社)新宿区新宿6-21-1

富士塚:ウィキペディア)
東京の富士塚一覧東京いいとこ自転車散歩

|

« 今年も満開!!河津桜2009 | トップページ | 牛ネコ? »

江戸古地図で東京散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿や池袋に富士山が!?~江戸の古地図で東京散歩~:

« 今年も満開!!河津桜2009 | トップページ | 牛ネコ? »