« 新鮮な猫さん売ってます!? | トップページ | 東京で絶品の盛岡冷麺~壱番館~ »

2009年7月18日 (土)

壱番館~東京の居酒屋で盛岡じゃじゃ麺~

Img_2728 Img_2732 以前、このブログに幾つかコメントをいただいていた、駒沢大学駅付近の一番館に盛岡じゃじゃ麺を食べに行ってきました。

ここは、本来は新鮮なお魚を売りにした居酒屋さんなんですが、盛岡じゃじゃ麺や盛岡冷麺も食べることができます。
今回はSサイズを食べてみましたが、とにかく優しい味の上品なじゃじゃ麺です。
じゃじゃ味噌は化学調味料を使用せず、昆布やいりこなどの自然の出汁を使っているそうです。
それと、キュウリが大きめに切ってありますが、これは有機野菜を味わってほしいからとのこと。
お店のご主人が色々と解説してくれましたが、とにかく素材にこだわった優しいお味の盛岡じゃじゃ麺でした。

お店の人いわく、盛岡冷麺の方が完成度が高いそうなので、今度は冷麺を食べてみようかな。

ホームページのYudai写真館盛岡じゃじゃ麺のコーナーにもう少し詳しく載せましたので、よければそちらもご覧ください。

(壱番館Yudai写真館)
(壱番館:Yahoo!!グルメ)

|

« 新鮮な猫さん売ってます!? | トップページ | 東京で絶品の盛岡冷麺~壱番館~ »

盛岡じゃじゃ麺・岩手ネタ」カテゴリの記事

コメント

一番館のじゃじゃ麺食べたよ〜。 不味い、遅い、野菜嫌い の不健康人間の私には理解出来ない不出来。 だけど、最近の若年層の早死にを見ると「俺達ヤバいかも」と思います。 確かに「一番館」の食事をするのは理想型だケド、みんな貧乏だから「餃子の王将」に並ぶのも分かる。さあ皆さん、どちらをチョイスしますかね?

投稿: すっき〜ら | 2009年8月 2日 (日) 02時04分

すっき〜ら さまコメント有難うございます。
確かに現代の食事に慣れると、この優しいお味はパンチが足りないかなとも感じますね。
理想の食事か財布の中身か。
餃子の王将も大好きな私には難しい選択ですね。
すっき〜ら さまのコメントで、自分の食生活を考えるきっかけになりました。
有難うございます。

投稿: Yudai | 2009年8月 2日 (日) 08時11分

一番館は決して素材だけに突出した店では無いのですよ。大将の科学的根拠に基づいた調理法と理論。並びに面倒臭がらずに真摯に向き合う心意気に惹かれます。 妥協を許さない精神にはいつも感服します。「盛岡冷麺」は原価が半分以上と聞いてます。 あの心意気が岩手県人ぽくて好感。

投稿: ミナケン | 2009年8月14日 (金) 03時22分

ミナケンさまコメント有難うございます。
なるほど素材だけではないですよね。
私が行った時も素材のことだけでなく、料理に対する暑い思いを語っていただきました。
特に盛岡冷麺は本当に美味しかったですが、原価が半分以上ですか。
そこまでのこだわりに感心しました。

投稿: Yudai | 2009年8月14日 (金) 05時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壱番館~東京の居酒屋で盛岡じゃじゃ麺~:

« 新鮮な猫さん売ってます!? | トップページ | 東京で絶品の盛岡冷麺~壱番館~ »