« 水鏡のタワーマンション、リベンジ | トップページ | スカイツリー リフレクション »

2021年5月22日 (土)

Philips Hue Smart button スマートボタン が便利すぎる

アプリで自由自在に色を変えられるPhilips Hue のワイヤレス照明スイッチ、Philips Hue Smart button スマートボタンを買ってみました。

3fed328b60c44cacbba045b9150c48b5

箱を開けると、スイッチ本体、壁面プレート、ボタンと同じ大きさの小さな丸いプレート、説明書が入っています。

スイッチ本体とプレートとは磁石でくっつくようになっています。

3487aa8dc2c64ad29bc33400c38c0ead

プレートの裏面は、両面テープになっていて、壁など好きなところにスイッチを取付けられます。

取り付けた後も、スイッチ本体は磁石でくっついてるだけなので、簡単に外せるのも便利。

802c91d7c9a34854b8cd28b0c70d8190

プレートの大きさは、一般的な照明スイッチのプレートと同じくらい。

これなら、違和感なく壁にプレートを設置できます。

4011992a17fb45be9fd29f6bf30dab21

設定も簡単。

hueアプリを起動して、設定 →アクセサリーのセットアップ →アクセサリーを追加 →Hue Smart Botton を選択。

するとLEDが点滅するまでボタンを押してください。と指示があるのでボタンを長押しして、スイッチのLEDを光らせます。

そしてアプリの LEDが点滅しています をクリックすれば完了です。

6941e5b80bf24b74bad3de5eedf3a783

 

とにかくこのスイッチが便利なのは、直径32mmの小さなスイッチ1つで照明のOn Offだけでなく、多彩な機能があること。

使い方は、
スイッチを押して照明のOn・Off
Onの直後に短押しで登録したシーンの切り替え
長押しで明るさの変更

また、動作の仕方には2種類の設定方法があって

502c7b89b60b4b8495f517a2c3e6e2de
一つ目は、「時間ベースの照明」
設定した5つの時間帯ごとにシーンを設定できるもので、
照明をOnにした時の時間で、点灯するシーンが決まります。
初期設定では朝は明るく白い光、夕方は昼光色、夜は暗めにと、
5つの時間帯とシーンが設定されています。
時間帯やシーンは自由に変えられます。

75aae342fc5c434eb9e38f0d8cf11c31

二つ目は、「シーンサイクル」
設定した5つのシーンをスイッチを押すごとに切り替えられる設定で、
照明をOnにした直後にスイッチを短押しすればシーンをかえられます。
これも初期設定は明るい白色から、昼光色、暗めと5つのシーンが設定されていますが、
自由にシーンを変えることができます。

2f94a66fc595468ea901ca06ae134ab2

私のお勧めは一つ目の「時間ベースの設定」。
というのは、起床時や帰宅時など時間により自動的にシーンが選ばれることと、
照明をOnにした直後にスイッチを短押しすれば、その5つのシーンを切り替えられること。
結局2つ目の「シーンサイクル」の機能も併せ持っているので、
この設定の方が便利だと思います。

早速部屋の照明を設定してみました。
起床の時間帯は明るく白い光で、帰宅時から夜は昼光色で、そして夜寝る前は暗めの照明で。

でもこれだとシーンは3つで十分なので、ちょっと応用篇の設定をしてみました。
04:00〜14:00 明るい白色 →朝の自然な目覚めに
14:00〜22:00 明るめの昼光色 →帰宅後のくつろぎに
22:00〜03:00 暗めの昼光色 →自然に眠りにつくように
03:00〜03:30 好きなシーン1
03:30〜04:00 好きなシーン2
この3時から4時がポイントで、
普段は寝ていて使わない時間帯にシーンを割り当てておけば、
起きている時は自動で3つのシーンを、
気分転換したいときは、スイッチの短押しで、残りの2つのシーンに切り替えることができます。
この設定がとても実用的で気に入っています。

 


長押しで明るさも変えられて、本当に便利。
もっと早く買っておけば良かったと思う大満足のPhilips Hue Smart button スマートボタンでした。

|

« 水鏡のタワーマンション、リベンジ | トップページ | スカイツリー リフレクション »

PHILIPS hue」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水鏡のタワーマンション、リベンジ | トップページ | スカイツリー リフレクション »