カテゴリー「江戸古地図で東京散歩」の15件の記事

2013年7月28日 (日)

大暑で大波?大川で大雨!

IMG_20130728_145555.jpg

今週末の出来事。

IMG_20130728_145812.jpg

【大暑】昼間あまりにも暑かったので、かき氷屋さんで、

【大波】ってかき氷食べてきました。海をイメージした青いシロップに大波をイメージした山盛りの氷。

一時の涼でした。

IMG_20130728_171925.jpg

【大川】とは隅田川のこと。江戸時代の呼び名ですね。で、隅田川と言えば花火大会。ところが

【大雨】で途中で中止。わずか30分の夏の大輪でした。来年はいい天気になりますように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

○○とスカイツリー

IMG_20130413_233235.jpg

サクラ?とスカイツリー。

ソメイヨシノではないみたいですが、なんのサクラかな?

IMG_20130413_233443.jpg

ビールとスカイツリー。

スカイツリーをイメージしたビールグラスだそうです。

IMG_20130413_233338.jpg

お煎餅屋さんとスカイツリー。

下町っぽい感じがいいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

スリリングな水上バスと金銀のスカイツリー



134536527205334.jpg

今日はお台場から浅草の二天門まで東京水辺ラインの水上バスに乗ってみました。

134536505049927.jpg

で、何がスリリングかというと、橋をくぐる時。

134536470058121.jpg

もう、ぶつかりそうとか言うレベルじゃありません。

134536453936018.jpg

明らかに橋の桁が頭より低いんです。

潮の満ち引きにもよるんでしょうが、ホントにスリリングで楽しかったです。

134536532095037.jpg

そして、浅草到着直前。

スカイツリーとアサヒビールの本社ビルに反射する金のスカイツリー。

金銀のスカイツリーでなんか縁起が良さそうですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

春はもうすぐ?

四月になりましたね。

13332527911144.jpg

天気が良かったので今日は日比谷公園に。

ソメイヨシノがようやく咲き始めていました。

13332528570197.jpg

アオサギものんびり魚捕り。

春は本番はもうすぐですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

あれから一年

あれから一年です。

13314443007651_1.jpg

近所のショッピングセンターで陸前高田市のゆめちゃんが。

もう一年か、まだ一年か。

とにかく夢を持てる次の一年になりますように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

超薄っぺらなノッポビル?と江戸時代のお皿が100円?

天気が良かったので都内をぷらぶらお散歩してみました。
まずは、六本木ミッドタウン近くの乃木坂からスタート。

Img_5459
青山方向に歩いていると突如、もの凄~く細長いノッポビルが出現!!
本当に薄っぺらで細長い~。煙突みたい~。

倒れそう~☆(゚o゚(○=(-_-○ バキッ!!

・・・と思いながら、歩いていったら、実は・・・
(答えの写真は一番下にあります)

Img_5482
しばらく歩いて明治神宮外苑へ。開店前のカフェ。
こんな天気の時にここで食事したら気持ちいいだろうな~。

Img_5490
そして明治公園。
フリーマーケットをやっていたので、色々見ていたら・・・

Img_5491
江戸時代や明治~大正時代の食器がなんと100円から。
欠けてたりキズがあったりするので、それなりのものなのでしょうが、でも100円は安い!!

ということで、買ってしまいました。

Img_5500
手前が江戸時代、奥が明治~大正時代のお皿だそうです。
せっかくだから和食でも盛り付けして食べてみようかな~。

(答え)

Img_5460
ということでさっきのノッポビルですが、裏側はちゃんと太くなってました。
でも、特定の角度から見ると、薄っぺらで本当にビックリしますね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

古地図歩きで出会った犬猫たち

江戸時代の古地図を見ながら現代の東京をお散歩。
今回は、後楽園から茗荷谷、護国寺へと歩いてみました。

Img_4493
後楽園近くの牛天神(北野神社)。紅梅祭りが行なわれていて、真っ赤な梅が綺麗でした。

Img_4505
しばられ地蔵尊(林泉寺)。茗荷谷駅の近くの縛られ地蔵。
願いをかけるときに縄で縛り、願いがかなったら縄を解くらしいのですが、なんとも大変なお地蔵様です。

Img_4510
そのお寺の番犬。何か悟りを開いたかのような眼差しと落ち着きぶり。

Img_4514
文京区小日向。
東京ってどこを見上げてもビルだらけってイメージあるんですけど。
東京のど真ん中で、こんなに空が開けた所もあるんですね。

Img_4531
護国寺。
もう日が沈みかけて多宝塔と仏様の背後に。後光が射してるみたい。ご利益あるかな。

Img_45341
そして護国寺のネコさん。なかなか凛々しいお顔立ちですね。

Img_4535
護国寺駅前のスーパーにて。
「早くご主人様帰ってこないかな~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

江戸の古地図と現代のギャップを楽しんでみる

江戸時代の古地図で現代の東京をお散歩。今回は神谷町~赤坂~青山~原宿~渋谷と歩いてみました。
こんな繁華街ばかりのコースに江戸時代の名残があるのかと思って歩いてみると・・・。

Img_4348 「江戸の大木と昭和の大木」
神谷町駅付近にて。江戸時代からずっと生きていそうな大木の間から、昭和の大木、東京タワーの姿が。そう言えば墨田には平成の大木、スカイツリーが成長中ですね。

Img_4376 「平成の大樹?」
赤坂見附駅付近にて。ちょっと不思議な樹木、見上げたら街灯でした。平成の現代は街灯もエコっぽいデザインなんですね。でもこれってエコなのか、昔の自然が失われた結果なのか。

Img_4389 「川の流れのように」
原宿付近の緩やかなS字カーブの道。なぜこんなに曲がりくねっているのかと古地図を見たら川でした。ここから渋谷駅の東急デパートの地下を抜けていく渋谷川です。

Img_4397
こんな風に東京の川が埋められていくのは悲しいですが、川の自然なカーブを生かした道と現代のおしゃれな建物がいい町並みになっていますね。

Img_4399 「万華鏡」
川沿いではないですが、江戸時代からの道のカーブに沿って建てられたお店。窓ガラスの反射が万華鏡みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古地図で東京散歩&元祖いちご大福

メタボ対策で最近またやり始めた、江戸時代の古地図を頼りにしながらの東京散歩。
今回は新宿から、曙橋、早稲田、面影橋へと歩いてみました。

Img_4308
で、今回歩いている途中で見つけたのが、曙橋駅近くの「元祖いちご豆大福」の大角玉屋さん。あの一大ブームを巻き起こしたいちご大福の元祖ってこんな所にあったんですね。

Img_4312
早速、桜の花が添えられた桜餅と一緒に買ってみました。
餡子の甘みとイチゴの爽やかな酸味が最高でした。

そして、早稲田方面へ。
江戸の古地図にも記されていた神社の近くに来たら、何やら騒がしかったので、神社に行ってみると・・・、

Img_4321_2 
地元の子供たちによる節分の豆まきが行なわれていました。
でもね、子供たちが豆の入った子袋を、おもいっきり直球で投げつけるもんだから、結構怖かったです。

Img_4329
この辺りの道って結構江戸時代からの道が残ってるんですよね。
江戸時代から生き続けているに違いない大木を見つけたり、古地図で枡形(クランク状)に折れ曲がった道が今でも残ってるのを見つけたりすると、普段歩いている何気ない風景に歴史を感じることができて面白いですね。

Img_4341
という訳で薄暗くなり始めた都電の面影橋電停に到着。
少しはメタボ対策になったかな?
(っていちご大福とか食ってりゃ無理か!?

(元祖いちご豆大福大角玉屋)
(いちご大福:ウィキペディアによると元祖を名乗るところが複数あるらしいです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

江戸の味わい祭りの蛤田楽&長命寺桜もち

昨日、ニュースで江戸時代の味を再現した「江戸味わい祭り」が行われるとの記事を見つけたので、早速行ってみました。

Img_42441
会場は墨田区役所。建設中のスカイツリーが顔を覗かせていました。

Img_42501
で、これが江戸時代の味を再現した炭やき櫻田さんの「蛤田楽」。
焼いた蛤に蕗味噌とフキノトウの花がのっています。
この上にのったフキノトウのほろ苦さがいいアクセントになって、シンプルに見えてなんとも深い味わいになっていました。
(肝心の蛤田楽がピンボケだったので別の写真を貼り合せてます)

フキノトウを直接のせるってアイディア、いつもの味噌田楽でもやってみると、きっと美味しいと思います。
この他にも、揚げた海老に大根おろしがたっぷりのった「海老の煮出し(いりだし)」や、はまちをお酢でさっぱりと煮た「はまちの酢煮(すいり)」などがあって、1/25から浅草近辺のお店で、再現された江戸の味を楽しむことができるそうです。

Img_4269
そして隅田川沿いをぶらぶら散歩しながら北上し、江戸時代から続く桜もちの元祖「長命寺桜もち」へ。
3枚の桜の葉に包まれた桜もちは、桜の香りがしっかり染み込んでいて、中の餡子がなんともいえず上品で、本当に美味しかったです。

Img_4279
途中の公園ではなぜか桜が開花。看板を見たら十月桜という種類だそうで、冬には小ぶりの、春には大きめの花が咲くそうです。

洋食やエスニックも大好きですが、たまには江戸時代の素朴な、それでいて奥深い味わいを楽しむのもいいですね。

(江戸の味わい食べ歩き:特設サイトhttp://www.edonoajiwai.jp/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)