カテゴリー「なんか気になる変なモノ」の76件の記事

2019年10月20日 (日)

ロンドン?に日本の妖怪が出た?

C57e69be632e4d268d4204a35a75cc88

ロンドンの2階建てバスの周りに日本の妖怪が〜。

ここはロンドン?

3b46d643ee394e1e917f7d461006dfa7

いえいえ、ここは有楽町。

ぶらぶら散歩してたら思いがけないモノ達に出会えました。

37739035b25c4cf1b0ae5398677018ba

何だか有楽町とは思えない異空間。

9591dd3eaf1e47c89698525aced50cc8

カメラを向けたらポーズしてくださいました。

こんなハロウィンも楽しいですね。

| | コメント (0)

大江戸骨董市

6bd8c696d67a487281098ed9dfc2b481

有楽町をぶらぶら散歩してたら、大江戸骨董市のノボリが。

027a017d0c024a91a27e7d0d2b9c0c5d

なかなかの骨董品が勢揃い。

3f1e474a62ec4845b35b2186a365535b

見てるだけでも楽しいですね。

Afce61a870b2448fac01b86647a6a64f

時間の流れがつくる深い味わい。

楽しい散歩ができました。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

似顔絵だらけのコインランドリー? そして柴又帝釈天

Cc16501fcf674b1b926e1d5ae65f6193

壁や天井一面に貼られた似顔絵。

Ee35f0b0b6cc4c5fa735b44522012452

葛飾区柴又駅近くの にがおえコインランドリー に行ってみました。

0ea5c44ae41a448cb50fe03e567c0c05

寅さんでお馴染みの渥美清さん、王貞治さんとか、

F90e4e7f3a3342428efceddf67726a96

有名人達の似顔絵がたくさん。

本当に上手ですね。

でも夜1人でここに来たらチョット怖いですね(^-^;

 

25b6a716379e4a079fc2edae683f2f61

似顔絵を楽しんだ後は、柴又帝釈天へ。

0703c053390046e690e526280a4cad83

草団子の食べ比べしてみました。

それぞれ特徴があって美味しかったです。

| | コメント (2)

2019年2月23日 (土)

アジアっぽい日本 湯島ハイタウン

0fa7c58261f9404bbeb55d93d91dd4eb
室外機が並ぶマンションの外壁。
ここは香港にあった九龍城?
いえいえ、日本です。
という事で噂の湯島ハイタウンに行ってみました。


D87efe85ba39411e8f7b95294ec5967c
この角度から見ると綺麗に並べられてますね。
ベランダのないマンション構造のため、エアコンの室外機を外壁に設置してるらしいのですが、美しいくらいに整然と並んでますね。

9507ceb779bc45d796ab3fc4ff8d59a9
窓も大きくて開放的。
日本ぽくないけどとっても素敵なマンションでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

ミニオンとスズメ

88effdd7a2aa40ba90ab5bade2098ab9
さてらこのスズメさん一体何処にいるのでしょうか?
もう判った人います?


21ebec024c66440d9563b43317fa6531
これなら判ったかな?
この特徴ある目。

4f1bbbfdf51f471d84cefeab47fa2d82
そう、ミニオンです。
という事で、ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました。


6304b9122aa449649d862fadf740f29d

色々アトラクションを楽しんできました。
が、こんな所でちゃっかり人間のおこぼれを狙っているスズメ達にも目がいってしまいました。

4240409acb4642d9975a111ad639aa1d
とてもハッピーな1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

近未来?宇宙ステーション? 東京国際フォーラム

354b76013f6f41b186dea830733d3661
何だか近未来か宇宙ステーションにでも来たかのような不思議な空間。
東京国際フォーラムって本当にアートな建物ですね。


Ec583e5260b34bd1b6b0f266c747f092
イベントとかが無くても建物だけ見に来たくなってしまいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

ガンダムの小便小僧 浜松町駅

D552dfb4787647c8af20d334230f47b3
浜松町駅といえば小便小僧。
今日行ってみたらガンダムになってました。


43869ff84c874a788e0aa447f4aad38a
しかも、池の中には敵が潜んでいたり。


Eb5265f1a11a47cda6d7ad257bf9b1d5
その敵を小便で狙ってたり(^-^;
本当に毎回毎回色々なアイデア考えますね。
恐れ入りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

今でも動く昭和の産業遺産 リレー式計算機 CASIO 14-A

5480c4786c004d329a67ea87f4c1280e
この机何だか判りますか?
実はこれ机全体が計算機なんです。

という事で、予約が取れたので念願の樫尾俊雄発明記念館に行ってきました。
これは、世界初の小型純電気式計算機、CASIO 14-A です。
1957年(昭和32年)製造で、昔NHKスペシャルの 電子立国日本の自叙伝 という番組で紹介されてて、いつかは見てみたいと思っていたものです。

388080cb796e4ffdab9564014b8b22fd
何で見てみたかったかと言うと、この裏側。
リレーという電気のスイッチがびっしりと並んでいます。
このリレースイッチのオンオフだけで四則演算が出来てしまうのです。
しかもこれを樫尾さん独自に回路を考え、当時10,000個程度が一般的だったリレーの数をたったの341個で作ってしまったのです。
何という発明家。

Bbaaf5d246d645ad9ae62fdc1d06a986
さらに驚きは、今でも現役で動くんです!
この動く所をどうしても見てみたかったかんですよね〜。


リレー式計算機14-Aの動画

リレーがカチャカチャ音を立てながら計算していく様は、本当に感動ものです。
こういうの見てるだけでワクワクしてしまいます。

F714a0de36a540c9a692eb68d40da581
そしてCASIOと言えば 答え一発! カシオミニですよね〜。


080ed795b013449a9df7ebdab77ad738
他にもCASIOのG-SHOCKの1号機とか。
しかも現存していなかったのでわざわざ作り直したのだそうです。

Cc4b080ba9874c328924266d042e3d35

それから、電子楽器の数々。
CASIOっていつの時代も新しいアイデアで面白い商品を出してますよね。
その一つ一つをゆっくりと見ることが出来ました。

本当に楽しかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

何でこうなるの!? 不可能立体の世界

Img_20170819_141659
なんだこうなるの!?
目の前にある形と鏡に写った形がまるで違う?


Img_20170819_142343
ということで、明治大学博物館に不可能立体の世界を見に行ってきました。


Img_20170819_141908
延々と上る階段の模型や、


Img_20170819_141742
真っ直ぐ棒が通り抜ける不思議な窓のように、今まで見たことある模型もありましたが、今回特に面白かったのが、


Img_20170819_142036
この鏡に写す立体模型。
目の前の形と鏡に写った形がまるで違っていて、もう頭が大混乱です。
何となく仕組みはこうだろうなと想像はするんですが、
頭が、視覚が追い付きません(^-^;


Img_20170819_142132

どうやったらこうなるの?
不思議が一杯です。

Img_20170819_142220
これなんかアイデアが凄いですよね。
さらにアイデアを形にしてしまう凄さ。

本当に面白くて頭がグルグルする体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

秘湯? 珍湯? 廃墟? むしろ恐怖? 老松温泉喜楽旅館

Psx_20170815_133550_2

Googleマップで検索したら評価高かったのに~(^-^;

ということで、お盆最終日に那須の日帰り温泉、老松温泉喜楽旅館に行ってきました。

だがしかし、駄菓子菓子。

のっけから異様な雰囲気。この先に行けるのか心配になるような砂利道に、那須の珍湯なる石碑が。
千と千尋の神隠しじゃないけど行ってはいけない雰囲気。


Psx_20170815_133723
で、1分ほど歩くと老松温泉喜楽旅館に到着。
如何にも古そうだし、
と思って奥にいってみると、


Psx_20170815_133851

崩れ落ちてる!?
建物が一部崩壊してます…

Psx_20170815_133807
でもちゃんと料金の看板があったので、看板どおり向かいの家に声を掛けたら、ご主人さんがちゃんといらっしゃいました。

料金を払って、いざ、いざ

Psx_20170815_133913

もうのっけから恐怖です(^-^;
古びたとかいい雰囲気ではなくて、いつ壊れるか心配になる階段。
それを降りると、

Psx_20170815_134015

今度は薄暗く長い廊下。
自分の影すら怖くなります。
そこを進んでいくと、

Psx_20170815_134032

ようやくお風呂場に。
案の定誰もいません。


Psx_20170815_134055

ようやくお風呂にたどり着きました。

これでゆっくり湯槽に浸かれると思いきや…

いや熱いって!熱すぎるって!

源泉掛け流し加水無し はいいんですけど、熱くて入れません。
手も入れられないくらいの熱さ。
しかも水で薄めようと思ったらチョロチョロとしか出ないし。

結局、手桶で湯もみをして何とか冷まして入ったのですが、

一寸でも動こうものならお湯に噛みつかれたかと思うくらいの熱さ。
早々にお湯から上がりました。


Psx_20170815_134131

後でGoogleで調べたら、廃墟な温泉で人気だったのですね。

ちょっと子供の頃の廃墟探検の気分で楽しかったです。
お湯も硫黄泉で良かったですよ~

2017年8月現在営業中、気になった方は是非行ってみて~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧